育毛剤orAGA治療薬?

育毛剤の使用は40歳を超えてから?

男性の薄毛には、その原因に種類があります。原因の種類によって改善方法を合わせて行っていくのがよく、種類に合っていない改善方法であれば薄毛改善は遠退きます。

まず、育毛剤の使用が向いている人は、加齢に伴って薄毛が目立っている人です。加齢が原因の場合は、頭皮の血流が悪くなっていたり、毛根に皮脂が詰まっていて頭皮環境が悪くなってきたなどの状態が挙げられます。この加齢現象は、だいたい40歳を過ぎた頃からあらわれるようになります。

30代までは髪の毛の量も特に少ない状態ではなかったものの、40代以降に徐々に抜け毛が増えて薄毛が目立ってきた場合に当てはまります。(もちろん例外はあります。AGAの可能性も十分にあり得ますのでご注意を!)

そのような状態には、育毛剤を使用することで薄毛改善が期待できます。育毛剤は血流を促進する働きがあるので、育毛につながる可能性があるのです。よって、40代から薄毛が目立ってきたという人には、育毛剤の使用を検討してみることをおすすめします。

20代や30代の薄毛にはAGA治療がおすすめ

40歳未満で薄毛が目立ってくる人は、AGAの可能性があります。(40代でもAGAの可能性は十分にありますので、勘違いなさらないように!)

AGAは加齢による現象ではなく、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの影響によるものです。この男性ホルモンが多いほどAGAになりやすくなり、若い年代から症状が出てしまうのが特徴です。

AGAによる薄毛の場合は、育毛剤を使用してもほぼ効果がありません。AGAは専門の治療をしなければ改善が期待できないため、AGAの疑いがある場合は専門の治療が向いています。

若い年代の薄毛はAGA以外にも生活習慣による影響も考えられます。しかし、喫煙や偏った食生活を特にしていない場合、そして近親者に薄毛の人がいる場合にはAGAの可能性が高くなります。

AGAの治療は、ジヒドロテストステロンが生み出されないよう調節する薬が使われます。効果が出るかは人によって差がありますが、どちらにしろ一定期間続けなければ、満足できる結果には届きません。…したがって、時間と気持ちに余裕をもってAGA治療を受けていく必要があります。

AGAかただの加齢による薄毛かを見極める

薄毛に悩むすべての男性がAGAというわけではなく、すべてが加齢が原因でもありません。

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの量は人によって差があるため、若くして薄毛が目立つ人とそうでない人がいるのです。つまり、AGAは遺伝性の可能性が高く、持って生まれた体質が薄毛になりやすければ原因を調節することで遺伝の影響を少なくしてくれます。

薄毛は遺伝だからと諦める必要はなく、AGAの可能性が高ければ根本的な治療で薄毛を目立たなくすることは可能とされています。

育毛剤を長期間使用していても、効果が感じられない場合にはAGAの疑いがありますので、そういった場合は原因を見直した方がよく、AGA専門のクリニックへ相談にいくことが最もおすすめです。

多くのクリニックでは薄毛の検査やカウンセリングを行ってから費用のかかる治療が始まりますので、納得した上で、治療が受けられるようになっています。臆せず足を運びましょう。