生え際の後退にお悩みの方へ

悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい

そもそもAGAによって薄毛になる理由は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンが大きく関係しています。そして前頭部から頭頂部に掛けて分布が見られるのですが、特に濃度が高いのが生え際です。

ただでさえ強力な脱毛作用を持つこのホルモンが、頭頂部よりも多く存在していますので、必然的に発毛の難易度も高めてしまいます。

そのため、つむじ付近の薄毛は改善できても、生え際からはなかなか発毛ができないというケースも少なくありません。

したがって生え際から薄くなっている場合は、より緻密な対策で回復を目指さなければいけないのです。

生え際は毛細血管が少ない

薄毛を回復させるには毛根の活動を活性化させなければいけません。そのために栄養補給を促進することが必要なのですが、ただ生え際は育毛・発毛にとって不利な場所と言えるのです。

というのも、生え際は毛細血管が少ないという特徴を持っているからです。そもそもの栄養は血管を通って運ばれていきますが、しかしながら肝心のその機能が活発ではない場所ですので、薄毛の回復を目指す上でも厄介と言えます。一旦薄毛になると改善の難易度が上がるため、いかに予防をするかが大切です。

表情の影響を受けやすい

生え際は顔の皮膚と繋がっています。それゆえに表情の影響を受けやすい部分であり、時に皮膚が硬くなってしまって血行不良を引き起こしてしまうこともあるのです。

特に緊張した表情が多い人は注意が必要と言えるでしょう。顔が強張っている状態ですと、皮膚もピンと張って緊張状態になります。すると生え際の皮膚も引っ張られますので柔軟性が失われ、血行も悪くなってしまいやすいです。

少しでも薄毛リスクを減らすには、皮膚がリラックスできる表情を心掛けることが大切です。

皮脂の分泌が活発

頭頂部と比べて生え際の皮脂が多く感じる人は多いはずです。生え際は男性ホルモンの影響を受けやすく、そして男性ホルモンは皮脂の分泌と密接な関係があります。

そのように皮脂が分泌されやすい状態も生え際の回復を難しくさせる原因のひとつです。過剰に分泌される皮脂は育毛・発毛の妨げにになり薄毛リスクを高めます。

また、皮脂が多いところは毛穴詰まりも起こりやすいですから育毛剤の浸透も妨げてしまうのです。薄毛を促進する原因がひと集めになっている場所でもあるため、薄毛が目立ちやすく尚且つ回復も難しい傾向があります。

回復が難しい生え際問題

このような理由で生え際の薄毛を回復させるのは難易度が高くなっています。ただ、だからといって回復ができないわけでもありません。薄毛を治すための治療法は年々進化していますので、症状の重たい状態でも回復ができる可能性があるのです。したがって回復を諦める必要はないと言えるでしょう。

しかしながら難易度が低くないのは事実であり、回復をさせるにしても長い時間や費用も掛かってしまいがちです。少しでも薄毛の悩みを小さくするには、普段からの対策が大切です。

薄毛に困らないための最善策は予防をすることでもありますから、今からきちんと対策を行うのが将来に悩まないための秘訣と言えるでしょう。

既に生え際の後退にお悩みの場合でしたら、早急に薄毛治療の専門病院へ足を運ぶようにしましょう。