AGAの検査って自分一人でも可能?検査キットは高額?使用方法とは?

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、DHTというホルモンに変換され、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合すると、AGAを発症します。髪の成長が抑制されるので、そのまま放置していると抜け毛がどんどん増えて薄毛になってしまいます。

遺伝子検査キットを使えば、男性ホルモン受容体の感受性の強さがわかるので、AGAを発症しやすいかどうかを判断することが出来ます。AGAになりやすい人は遺伝子のDNA配列に特徴があるので、薄毛が気になる方は遺伝子を検査するようにしましょう。

AGA検査キットの値段は12,600円(税込)なので、インターネット通販などを利用し手に入れるようにしてください。使用方法は、両ほほの内側をキットの採取綿棒を使い、20回ずつ強く擦り付けて粘膜を採取し、それを指定されている送付先へ、同封の書類とともに送るだけなので簡単です。

およそ2~3週間ほどで検査結果が届くのでそれまで待つようにしましょう。

AGAを専門で治療している病院ではどんな検査をしてくれる?

遺伝子検査キットは、自宅でAGAの可能性を調べたい人には最適のアイテムで、忙しい人には重宝しますが、専門病院で行っている検査の精度に比べると劣るので、正確なことを知りたいときはお医者さんに診てもらうようにしてください。

経験豊富な目で適切な診断を下してくれますし、血液検査も受けられるので、検査キットを使うよりも確実に自分がAGAかどうかを知ることが出来ます。

AGA専門病院で行う検査も、検査キットで行ったときと同様で、ほほの粘膜を採取して遺伝子の検査を行います。毛髪の根元に付着している毛包の状態を調べるところもあります。

その結果をもとにお医者さんは、患者さんがAGAを発症しているかどうかを見極め、診断を下してから、適切な治療法を提案してくれます。

検査にかかる料金は、受けた検査の種類や病院によっても違いますが、保険適応外なので、事前に料金を調べておくと良いでしょう。キャンペーン期間中は一部検査が無料になるところもあるので、複数を比較してから選びましょう。

AGA治療を専門とする病院でAGA検査をするメリットについて

AGA専門病院で検査をするメリットは、遺伝子検査キットで自分で調べるよりも、AGAを発症しているか確実に診断してもらえることです。AGAを発症していることがわかれば、これから先の治療方法を教えてくれて、プロペシアやミノキシジルなど、その人に合った治療薬を適切な薬の量で処方してくれます。

遺伝子検査だけではなく、お医者さんが自分の目で頭皮の状況を確認し、AGAかどうかを判断してくれるので、皮膚病などの別の原因による脱毛だった場合もわかります。医療知識のない人にはその判断はつかないので、遺伝子検査キットだけで自己判断するのはやめましょう。

デメリットは、AGA専門病院の治療は保険適応外で、高額の治療費がかかることです。そのため病院で処方される治療薬を個人輸入代行通販で購入する方もありますが、診察を受けずに自己判断で薬を使うのは避けるようにしてください。AGAではなく皮膚病の可能性もありますし、副作用が出ることもあるので、薬を使いたいときは病院で処方してもらうことをおすすめします。

AGA検査をAGA専門病院で行った場合にかかる費用の相場は?

AGA専門病院で検査をした場合にかかる料金は、血液検査の場合は5,500円ほど、遺伝子検査は20,000円ほどになります。初診の場合は診察代などとあわせると、30,000円前後が相場なので、費用を抑えたいときは、複数の料金を確認してから、どこに行くかを決めるようにしてください。

簡単な診察とカウンセリングだけなら、10,000円前後で済みますが、遺伝子検査や血液検査などの各種検査も受けた場合は高額になります。専門病院のなかには、キャンペーン価格で一部料金を安くしているところもあります。カウンセリングや再診費用をとらないところもあるので探してみるようにしましょう。

AGA治療が始まると、1カ月単位で薬が処方されるようになるので、毎月15,000円~30,000円前後はかかるようになります。投薬治療だけでなく、メソセラピー療法を受けたりすると、どんどん高くなっていくので、支払いが心配な方は事前に確認しておくようにしてください。