実際のところ薄毛って遺伝するの?ただの噂?

従来、薄毛は遺伝するものと信じられてきました。特に関連があるとされていたのが父方で、父親や祖父の頭髪が薄いから、自分が薄いのも仕方がないと諦めている方も多かったかもしれません。あるいは薄くなる前にと若いころから対策を栗貸していた方もいるでしょう。中にはAGAになることは確定だからと、治療をせずに自分を納得させている例もあります。

しかし実際、髪の薄さは父から子へと伝わるものなのでしょうか…。

AGAと男性ホルモンの関係は深く、やはり何らかの関連はあるものとされています。昨今では最新技術を使用し、男性ホルモンに対する研究も重ねられており、AGAの発症に関して議論が繰り返されています。

傾向としてAGAが多く発症する家系の場合は、やはりその子供にも発症率が高いとされているものの、遺伝子との明確な関連性は決定付けられてはいません。父や祖父が薄毛だったら、その子も必ず髪の毛が薄くなると断定することはできません。しかし家系によって何らかの関連はあるものとされています。

薄毛に関連した遺伝子は存在するの?

薄毛に関連するのは男性ホルモンなどです。これはテストステロンと呼ばれるもので、体内でいうと睾丸で作られています。

テストステロンが不足すると髪の毛は薄くなることから、髪にも関連した男性ホルモンであることが判ります。しかし、これだけがAGAに関連する原因というわけではなく、もちろんほかにも要素が存在します。

たとえばアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体もそのひとつです。聞き慣れない名前の男性ホルモン受容体ですが、アンドロゲンレセプター はAGAに大きな影響を与えています。

この男性ホルモン受容体の感受性が高い場合、AGAは発症しやすくなるとされています。感受性によって発症率が左右される男性ホルモン受容体は、AGAの研究にとってもネックとなる存在でしょう。

感受性の高さがAGAの発症に繋がるのならば、感受性が低ければ発症率は低くなり、髪の毛が薄くならずに済むわけです。感受性は家系によって異なり、その家系ごとの感受性を多分に引き継ぎます。

薄毛の原因が遺伝だとしたらもう諦めるしかない?

男性にとって髪の薄さは古くから悩みの種でした。冗談にしてみたり、気にしないそぶりをして見せても、実際のところ深く傷つき、悩んでいるという男性も多いのです。薄毛の原因は未だ明確にはされておらず、どの要素によって薄毛が発症するのかは一概に言えないものです。

一度AGAを発症してしまったらずっと薄毛でいなければいけないかと悩む方もいるはずです。

しかし、たとえ本当に遺伝が原因だとしても、諦める必要はありません。近年に入りAGAの研究は爆発的に進歩しました。

以前は治療自体が考えられず、そもそも症状として認識されることもないまま放置されていた薄毛が、治療の対象として当たり前のものとなったのです。

これに伴って研究も進み、新しい薬や治療法も開発されています。

今や薄毛は内心で悩みを抱えながら我慢するものではなく、治療を行えるものとなっています。遺伝だから仕方ないと諦める前に、治療について考えてみることが大切です。

AGA専門病院で検査を行い将来のリスクに備えるのも一つの手

AGAは遺伝子検査を行うこともできます。もちろん検査は万能ではなく、検査を受けたことにより判る要素は限られています。検査結果として代表的なのは、症状に薬が効くかどうか、そもそも薄毛の原因がAGAなのかどうか、といったところでしょう。

髪の毛が薄くなる原因はひとつではなく、食生活や運動不足といった生活習慣によるものだったり、ほかの病気が原因である可能性も考えられます。何らかの病気を患っている場合には、飲用している薬の副作用なども考えられるでしょう。

遺伝子検査は、将来のリスクを兼ねる上で欠かせないものです。検査を受けることで方向性が決まり、治療を受けるかどうかも具体的に思案することができます。

ぼんやりとした想像ではなく、どこの医院で治療を受け、いくらぐらいの治療費やどれほどの期間がかかるのかといったことまで考えていくことができるのです。

何となく不安を抱えたまま薄毛について悩んでいるよりも、まずは検査を受けてみることをおすすめします。

まとめ

薄毛の治療でもっとも大切なのは、諦めない心です。薄毛について医院に相談するのは羞恥心を伴うものですし、最初は症状を話すことすら抵抗があるかもしれません。

しかしAGAの治療を行っている医院は、薄毛についてのプロフェッショナルです。

一人だけではなく、多くの患者の症状を見聞きし、治療を行ってきたプロからしてみれば、その症状を聞き取ることに何も恥ずかしさなどありません。患者側としては安心して診察を受けることが大事です。

遺伝だから仕方がないという風潮は未だ根強く、検査や治療を受けないまま放置されている例も多く見られます。

確かにAGAは身体的な痛みを伴うものではありませんが、時には外見的に不利益を被ったり、心無い言葉を浴びせられることもあります。

治療薬や治療方法が整った現代は、勇気を出して治療のだめの一歩を踏み出すことのできる時代です。AGA治療の専門医院や、研究者達が積み上げてきた研究成果も治療の後押しをしてくれます。