AGA治療は継続する事が大切なワケ

AGA治療は時間がかかる?

AGAの治療は時間との勝負という側面もあります。なぜかと言うと、薄毛の期間が長ければ長いほど治療の効果が出るまでの期間が長くなるという統計結果が出ています。

すなわちAGA治療を開始する時期が早ければ早いほど効果がでやすいという事です。

大体の方は薄毛が気になりだしても放っておく事が多いと思いますので…治療を開始するのはAGAがある程度進行してからというケースがほとんどです。

現在では大抵の薄毛は治療可能とされていますが、治療期間は長くなりがちです。その上、AGA治療は健康保険の適応外となっているのですべて実費での治療になります。では具体的にどれくらいの期間と費用がかかるものなのでしょうか。

AGA治療薬の効果がでるまでの期間は?

AGAの治療はその症状や生活習慣によって大きく左右されますので個人差がかなりありますが、医療機関の報告によると、治療を開始し始めてから、平均的には6か月くらいから徐々に効果が表れると言われています。

しかし、ここで一つ問題があります。これらの薬は使用をやめてしまうと、その効果がなくなってしまうのです。

すなわち「髪が生えたからもう大丈夫」と使用を中断すると薬の効果が失われて、またもとに状態に戻ってしまいます。現代の治療薬ではずっと使用し続けなければなりません。

ここで問題になるのが金銭的な問題です。前述の通りAGA治療は保険適応外の治療となりますので、すべて実費で払わなければなりません。

では治療を継続する場合、具体的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

AGA治療薬の効果がでるまでの費用はどれくらい?

AGAの治療は基本的に投薬治療が行われます。この時使われる薬によってその費用が変わってきてしまいます。※治療方法によっても費用が変わってきます

AGA治療でつかれわる薬を大きく分けると公式治療薬とジェネリック医薬品に分けることができます。公式治療薬はプロペシアとミノキシジルという成分を含有するロゲインと呼ばれる薬です。

プロペシアを使用した場合、その費用は1日200円程度です。月に6,000円くらいと考えればよいでしょう。また、ロゲインは少し安くて1日当たり110円程度。月に3,400円程になります。

一方ジェネリック医薬品はプロペシアと同じ効果のあるフィンペシアは1日あたり30円前後で、月に900円程度の費用となります。公式治療薬に比べるとかなりリーズナブルですね。ただこれはあくまで薬の代金のみで、実際には上記の金額プラス医療機関での費用、診察代等もかかってきます。

よって…

AGA治療薬の効果がでるまでの費用 = (上記薬の金額+医療機関での費用)× 6(6か月程で治療薬の効果が表れる人が多い ※あくまでも平均的な期間です)となります。

継続して治療が行える環境づくりが大切

このように、AGA治療には長い年月と、それにともなってある程度の費用がかかりますが、やはり継続して治療を行うことではじめて効果が出ます。

このためAGA治療を行うときは、まず継続して治療を行える環境づくりが大切です。この環境づくりがうまくいかないと、最悪治療が続けられなくなり、中止せざるを得ない状況になりかねません。

そして前述したとおり、AGA治療は中断してしますとまた再発してしまうリスクを伴います。

継続して治療が行える環境には何が必要でしょうか?

まず信頼できるクリニックを見つけることや、ある程度の資金、また家族をはじめとした回りの人の理解と協力も必要でしょう。環境づくりも治療と同じくらい大切と言えます。