AGAを発症してしまう原因とは?

AGAは5α還元酵素とテストステロンが結合する事で生成されるDHTという物質が、アンドロゲンレセプターと結びつく事により、毛を作り出す毛母細胞の細胞分裂を阻害して、ヘアサイクルが短くなる事で毛が細く短い状態で脱毛し、頭髪が徐々に薄くなって見えてしまう男性型脱毛症の事ですが、その主な原因は男性ホルモンの一種であるDHTと遺伝的な要素だと考えられています。

AGAの発症のしやすさは母方の遺伝の影響が強く出るアンドロゲンレセプターという毛乳頭細胞に存在する受容体が深く関わっており、アンドロゲンレセプターの感受性が強い方はAGAを発症しやすい傾向にあるため、DHTの生成が活発しやすい体質であるかどうかがAGAを見極めるポイントとなります。

さらに、AGAは不規則な生活習慣やストレスなども症状を進行させる要因になると言われています。また、原因は明確になってはいないものの、女性もAGAを発症するケースがあり、女性の場合はホルモンバランスの乱れなどが影響すると考えられています。

AGA対策に育毛剤は有効?

AGA対策としてまず手に取るのが育毛剤という人が多いでしょうが、薬局やドラッグストアなどで購入できる育毛剤のほとんどが医薬部外品と化粧品です。医薬部外品の育毛剤は厚生労働省が認可した有効成分が配合されている商品となりますが、その発毛効果は医薬品と比べると人体への作用は緩やかなものであり、効果が保証されているわけではありません。そのため、AGA対策として市販の育毛剤が高い効果が期待できないのは事実です。

市販の育毛剤の利用者の口コミでは「毛が太くなった」「毛が生えてきた」といった声も見られるものの、得られる効果には個人差がありますし、医薬品の場合は症状が改善した人の割合などのデータを公表していますが、市販の育毛剤でそういったデータを発表しているメーカーはほとんど見られません。市販の育毛剤は副作用のリスクは少ないというメリットはありますが、効果が得られたとしても緩やかなものであるため積極的な発毛効果を望む人向きではありません。

AGAを治療する方法は様々

育毛剤・サプリ・頭皮ケアなどによる自宅で取り組む事ができるAGA対策もありますが、AGA治療を受けるのであれば、一般的な皮膚科での投薬治療を受けたり、より専門的な治療が受けられるAGA治療専門のクリニックを受診する方法があります。

投薬治療ではAGA発症の原因となる5α還元酵素を阻害するAGA治療薬「プロペシア」を使った治療が一般的であり、一般的な皮膚科ではこのAGA治療薬処方を中心にAGA治療が行われる事がほとんどです。また、AGA治療に精通した専門のクリニックでは1型2型の5α還元酵素を阻害するプロペシアよりも強力な内服薬の処方や、頭皮の血行を促し発毛を促進するミノキシジル内服薬・外用薬の処方などによるAGA治療も受ける事ができます。

他にも、AGA治療には発毛を促す成長因子などを直接頭皮に注入する治療法であったり、自身の後頭部や後頭部から毛髪を移植する自毛植毛などの治療方法もあります。自毛植毛は改善しにくいと言われる生え際の薄毛に効果的な治療法であり、他の治療で効果が得られない場合に有効な治療法です。

とにかく最初の一歩!AGA治療専門のクリニックへ行き無料カウンセリングを受けよう

育毛剤・サプリ・ヘアケアなど自宅できるAGA対策では効果が出ない場合、個人輸入代行業者を利用して手に入れたAGA治療薬を使うなどの手段もありますが、医師の処方箋なしで安く手に入るというメリットはあるものの、そういった個人輸入代行業者が取り扱う医薬品の中には偽物が含まれていたりしますし、副作用のリスクも伴うため安全性が低く危険な方法だと言えます。

AGA治療薬に関してはリスクが高い個人輸入とは違い、医療機関でAGA治療薬を処方してもらえば正規品が手に入るので安心ですし、仮に副作用が起こった場合でも医薬品副作用被害救済制度が適用されるのでその点でも安心です。また、より積極的なAGA治療が受けたいのであれば、プロペシアのみの投薬治療がメインとなる一般的な皮膚科を受診するよりもAGA専門クリニックを受診した方が高い発毛効果が望めます。

AGA専門クリニックではAGA治療薬の処方以外にも最先端の毛髪再生治療など豊富なAGA治療法であったり、AGA治療に精通した医師による総合的なケアが受けられますから、積極的な発毛を望むのであれば、まずは無料カウンセリングから始めてみるのも有効な手段の一つです。